プロフィール
関トレはどのように開発されたのか

結果が出なかった学生時代

私はとても運動オンチです。

走っても遅い、球技は全然できない、唯一継続したのは小さいころから行っていた剣道です。剣道は現在五段であり、小さいころチャンバラが好きで棒を持ったら兄弟と打ち合っていたくらいです。

小学、中学生では剣道の全国大会に出場し、そのまま剣道の強豪校へ進学。
そこでの稽古は厳しいものでした。

剣道は上達していくものの激しく稽古に耐えなければなりません。高校二年生の時にはインターハイ選手として出場しましたが、高校三年時には左腰の痛みが強く、稽古を何度やっても自分の思うような動きができなくなってしまったのです。

結局、高校最後の試合でも自分の求める剣道ができず悔いの残る試合で現役を終えました。

大学にも推薦で剣道部に入ろうと思っていましたが諸事情により断念し、「科学で運動やスポーツを上達させることはできないか」ということに没頭しだします。

「自分の剣道が上達するのにはどうしたらいいのか」ずっと、もがいていました。

出会いと転機

考える時間があれば、武術家の書籍を読んだり、実際に習いにも行きました。学生ながら高額な講習だったのを覚えています。それでも答えが見つけられず、運動の専門家である理学療法士の道に進む決意をしたのです。

理学療法士の国家資格を取ったとしても、ひざや腰が痛い患者さんをすぐには治せるようになりません。腰が丸まって歩けなくなっているご高齢の患者さんにも、リハビリの大切さを伝えるだけで何も改善させてあげることができませんでした。
どうしたら患者さんは良くなるのか、一日中考え、時には解剖学の教科書と一日にらめっこの日々が続きます。

ある時、私は多裂筋という筋をトレーニングしてもらったときに、患者さんが「え!?全然痛くなくなった…」と驚き、この時初めて、「ある特定の筋肉を鍛えていくと姿勢・動作や関節の痛みが劇的に改善する」ということを知ったのです。

それから、さらに私は筋肉や関節、運動学の虫になり、長い年月かけて「ある特定の筋肉を鍛えると劇的に姿勢・動作、関節の痛みが改善する」12個の筋肉にたどり着くのです。

これを見つけるために、ある時は、自分の手首や指に腱鞘炎を起こして、どのように治療すれば改善するのか研究しました。ある時は、自分の肩や首を痛めてつけて、どうしたら改善するのか実験しました。

たどり着いた結論は、「一つの関節は二つの筋で支えられ安定している」ということです。

研究の成果

長い年月、ずっと悩んできましたが、

  • 腰が丸まって歩いているご高齢の方でも、腰が伸びるようになりました
  • 野球選手の球速をその場で10㌔以上上げられるようになりました
  • 難しいと言われるひざ関節のリハビリも、手術なしで改善させられるようになりました
  • 寝たきりの患者さんでも杖なしで自宅へ帰れるようになりました
  • 膝が痛くて1年できなかったサッカー選手が、たった一カ月で完全復帰しました
  • 部員の半数ケガをしていた部活動のケガ人がゼロになりました

信じられないと思いますが、これらが事実できるようになったのです。

私の使命

人は加齢とともに筋肉は衰えていきますが、何歳からでも筋力をつけることは可能です。
たとえ100歳であったとしてもです。
関節を支えているメカニズム、人が動くのに必要な筋肉は決まっています。
私は12個の関トレを使って以下のことを成し遂げたいと思います。

1.治療医業界、医療業界に革命を起こす 2.世界一の治療家集団をつくる 3.誰もがもっている体の可能性に気付いてもらい、喜びを全ての人に提供する
1.治療医業界、医療業界に革命を起こす 2.世界一の治療家集団をつくる 3.誰もがもっている体の可能性に気付いてもらい、喜びを全ての人に提供する

一人でも多くの方に健康を届けます。

LINEから連絡

関トレに関するご相談

取材依頼はこちらから

1分以内で簡単に入力できます。
LINE@からいつでもご連絡ください。
無料メルマガでは、体の不調や疲労の原因など対処方法をお伝えしています。
プロフィール
セミナー情報 / メールマガジン
お問い合わせ
メディア掲載