人間の持っている最高の動きを体現
インタビュー

人間の持っている最高の動きを体現するために考えられたトレーニング法です。
これはアスリートに限った話ではありません。

子どもや仕事をしている方、スポーツ選手、トップアスリート、高齢者の方々は全て人間の持っている構造は同じです。

立つ・歩く・走る、どんな年齢であっても、これらの動きをするメカニズムは同じなのです。

年齢とともに筋力は衰えやすくなりますが、たとえ100歳になったとしてもそこから運動機能を上げていくことは可能なのです。

関トレの目指すところ

  • 子ども、スポーツ選手、高齢者の関節痛のない世の中にすること
  • 自立してカラダを整えられる人間の育成すること
  • アスリートのパフォーマンスを向上させること

これを行うために、ただ疲労を促すための筋力トレーニングではなく、関節を安定させ、関節を強くすることにより、どんな年齢の方でも運動機能を上げていきます。

多くの無駄なトレーニングや運動をする必要はなく、たったの12個の筋肉を動かしやすくするだけで、肩こりや腰痛も改善しますし、成長痛と呼ばれているような痛みも取れます。

そして、アスリートでは足が速くなり、下半身や上半身のパワーも短期間でついていきます。

カラダの不調・体の痛みは自分で改善できるため、もっと身体に潜んでいる可能性に気が付いてほしいと願ってやみません。

一般社団法人 日本身体運動科学研究所
代表理事 / 理学療法士
笹川大瑛(ささかわひろひで)
LINEから連絡

関トレに関するご相談

取材依頼はこちらから

1分以内で簡単に入力できます。
LINE@からいつでもご連絡ください。
無料メルマガでは、体の不調や疲労の原因など対処方法をお伝えしています。
プロフィール
セミナー情報 / メールマガジン
お問い合わせ
メディア掲載